宅地建物取引士 合格体験記

今すぐ行動する方はこちら ↓

令和2年度試験に合格しました!

令和2年12月、今回は(自己採点をして大丈夫と思った通り)合格通知が届きました。「今回は」と書いていることからも、私はお恥ずかしながら通算4回受験をしての合格です。1,2回目はもう10年以上も前のこと、「マークシート方式だし、過去問やっていればなんとかなるかも・・・」と安易に考えて受けて見れば2年連続の不合格。そこで一旦勉強を止めてしまいました。

 

 だいぶ時間が経ってから通算3回目の再挑戦をなぜか令和元年にふと思い立ち、過去の失敗から「早めに」そして「効率的に」と自分の好きな時間に勉強できる通信教育(フォーサイト)を選びました。申し込みをしてから数日で教材とCDが届きました。カラーページで絵や図が多くとても見やすいテキストで、そのテキストと過去問を中心に勉強をしました。

 

 ところがです。「今回は過去問もテキストも繰り返し繰り返し勉強したから大丈夫だろう」と意気込んで受験しましたが、帰宅後ネットで解答速報を検索して自己採点をすると「エッ!?31、2点くらいしか取れてない・・・」。案の定不合格でした。どうしてだろう・・・と振り返ると1、2回目のときと同じ冊子のテキストと過去問を中心に時間の取れる休みの日に集中してやっていたからでした。確かに以前よりは勉強量としては上がっていましたが、勉強と勉強との間に時間が空きすぎてところどころが抜けていたのだと思います。

 

 3回目の不合格後かなり落胆しましたが、ここまで勉強してきてモッタイナイと奮起して再受講をしました。勉強と勉強との間が空いてしまっているのが原因とみた私は、使っていなかったフォーサイトの「道場破り」というインターネットを介して勉強するスタイルを中心に修正して勉強しました。やってみると前日の勉強量によって段位(最高位10段〜初段、1級〜段位分を差引いた受講生総人数の級)が掲示されます。それが段々と勉強するに従って上がっていくと嬉しくなり、ゲーム感覚で「今日の順位はどのくらいだろう」と気になってサイトへログイン。一喜一憂しながらレベルアップしたくて毎日勉強するようになったのです。さらに、そのサイトにはあるゲーム形式の総合問題があり、他の受講生がハンドルネームでまた別の順位が掲載されます。それもさらなる勉強のモチベーションアップに繋がりました。

 

 つまり、勉強でもスポーツでも毎日やることが大事。それはコツコツと地味で習慣化するまでが大変ですが、一番の上達の近道であると思いました。勉強法は人それぞれです。「この勉強法が一番です」とまでは言えませんが、毎日毎日少しでもやろうとする習慣化アイテムとしてはとってもおすすめな教材です。どのように勉強したらよいか悩んでいる方はフォーサイトの「道場破り」を中心に繰り返し毎日勉強をしてみてください。そして「宅地建物取引士」という国家資格を是非勝ち取ってください。


 

ざっくりとした私の勉強法はこちら↓

  1. 過去問題を(分からないところがあっても)実際の試験時間(2時間)でまずはやってみる。
  2. 答え合わせをし、今の自分には合格が程遠いことを肌で感じる
  3. 過去問テキストを何回転やるかを決め、総問題数/(試験日−1ヶ月の日数)で割り、一日何問解いて行かなければならないか計画する
  4. 教材の過去問テキストを単弁別にやる。
  5. 分からないところがあったら、その都度テキストやDVDで学習する
  6. ゲーム式の総合問題をやって、ゲームの順位と「道場破り」の段位を上げる
  7. 毎日計画通りに繰り返して勉強する
  8. 試験日から1ヶ月前から、過去問題・模試問題を「2時間」計ってやる

※繰り返しの回数は、

・宅建業法、法令上の制限、その他の法令・・・過去問テキストを3〜4回転
・権利関係は5回転

 

1月から始めても4回転、5回転繰り返して過去問テキストなどを行うとなると意外と時間がありません。おそらく冊子のみで勉強していたら続きません。毎日毎日、

■「今日の順位は・・・」と気になってフォーサイトにログイン
■現在の順位を見る
■もっと上げてみたい、「10段取りたい」と思うようになる
■順位を上げるためには過去問題や総合問題を解くことを中心にサイト内の利用頻度を多くする
■結果的によく勉強するようになる

というゲーム感覚勉強法は飽きずに繰り返し勉強できるのでとてもオススメです。

テキストと問題集は通信教育だけを信じて一点集中する

本屋さんへ行けば所狭しと「宅建取引士」の参考書や問題集があります。どれが良いか迷うと思いますが、そのような探している時間もモッタイナイ。合格のためのポイントを凝縮された通信教育のテキストと問題集の一点集中で勉強していきましょう。

 

あえて購入するとすれば過去問題です。試験間近になってきたら、毎週のお休みの日に試験時間の13時〜15時に合わせて2時間計って過去問を解いていきましょう。そして、答え合わせをしたら、間違っている&不安な箇所を再度テキストを見返しながら復習することが大事です。自分の弱点をひとつづつ消していきましょう。

 

そうした地道なコツコツ作業が記憶に残って本番での実力が発揮されます。残念ながらショートカットした近道はありません。

 

仕事に疲れて帰ってきて気の乗らないときがあっても「今日は勉強しない」ではなく、1ページだけでも進んで「毎日勉強している」という実績を残しましょう。

 

フォーサイトの通信教育はこちらです↓


page top